特定の免許が必要

物を輸送する際に必要な免許は何か

ドライバー求人に応募する際に最も注意しておきたい事は、採用条件として掲げている免許を応募者が所持している事です。物流業者が扱っている車両は、10トンを超えるようなタイプになってくると大型自動車免許が必要で、ドライバーとして数年程度の実務経験を必須にしているケースもあります。更に、空港や港湾で積み下ろしを行うコンテナ車に関しては、牽引免許も併せて所持する必要があるので、教習所で取得しておく事が欠かせません。なお、多くの求職者に応募してもらいたい企業の場合は、普通自動車免許のみを持っていても入社する事が可能です。中型自動車免許や大型自動車免許の取得費用補助を行うケースもあるので、ドライバーとしてステップアップしたい人はこの制度を有効活用すると良いでしょう。

人を運ぶ際に必要な免許について

人を運ぶ際に必要な免許は、路線バスに乗る場合は大型自動車二種や中型自動車二種であり、旅客輸送ではない人の輸送(ホテルや学校など)だと、二種免許を持っていない人も応募可能な事もあります。路線バスを運行する多くの会社は、普通自動車のみを所持している人でも入社可能で、入社後に指定された教習所で免許取得をすれば、プロのバスドライバーとしてデビューが出来ます(取得費用の一部補助や全額補助をしてもらえます)。タクシーに関しては、普通自動車二種を必須にしている会社が多いものの、普通自動車免許を取得してから3年以上経過していれば応募可能なタクシー会社が増えています。普通自動車二種免許取得は、20万円以上かかる事がほとんどなので、バス会社と同様にタクシー会社から費用面のサポートを受けながら取得にチャレンジするのが向いています。

© Copyright Delivery Driver Job Description. All Rights Reserved.